化学繊維の衣類にも危険がいっぱい

今まで食品やコスメに使われる化学物質の危険性などについてご紹介してきましたが、今回は衣類についてご紹介します。
皆さんも聞いたことはあるでしょうか。化学繊維の衣服を着ることによって、様々な肌トラブルが発症するという話です。まずは肌荒れ等の症状をご紹介しましょう。

子供の肌荒れ

小さなお子様で「肌荒れを起こした」という話を聞いたことはないでしょうか?これは化学繊維の衣類で起こることが多いようです。具体的な話をしますと乳児や幼児の方が大人より肌が薄く刺激に敏感な事が原因で引き起こされます。
ポリエステル、ナイロン、アクリルなど衣類についているタグによく書かれている化学繊維の名称です。これらの繊維は摩擦が強いために肌に大きな負担がかかります。乾燥や静電気を引き起こし、痒みを発生させる原因となります。更に子供は大人に比べ体温が高いので汗をかきやすいです。化学繊維は吸水性がよくなく、そのまま放置されると汗が肌を刺激し痒みや発疹の原因となります。そして痒いのでついつい掻いてしまうもの。肌を荒らしまれに掻き壊してしまします。

http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&C=502
ここは通販で有名なベルメゾンですが、やはり綿製品を多く取り扱っています。
やはり子供にこそ吸水性のいい綿の衣類を着させてあげるべきでしょう。